ヨガの呼吸は鼻から?口から?

日常生活の中で、呼吸に意識を向けたことがありますか?

あまり意識することってないですよね。

普段、何気なくしている呼吸ですが、
生きている間、あなたはずーっと呼吸をしているのです。

ほんの少しでも呼吸に意識を向けてあげるだけで
あなたの身体はどんどん健康になっていきますよ!

日々の生活の中で、
不安やストレスを感じることはありませんか?

不安や、ストレスを感じると、
呼吸は浅くなりがちです。

浅い呼吸は、交感神経を活性化させます。
すると、首や肩の筋肉に余計な力が入ってしまい、
首こり・肩こりや疲労の原因になってしまいます。

これが続くと、
身体全身の筋肉がこり固まって、血流を悪くし冷え性を引き起こしたり、

リンパの流れをせき止め、足や顔がパンパンにむくんだり、
免疫力が低下し、体調を崩したりしてしまいます。

ヨガの呼吸法はこれらを一気に解決してくれます!

ヨガは、「呼吸」「瞑想」「姿勢」の三要素で成り立っています。

ヨガの呼吸法をマスターするだけでも、いろいろな効果を得ることが出来ます。

ヨガには6種類もの呼吸法があります。
今回はその中の1つをご紹介します。

6つの中でも比較的簡単ですぐに実践できると思います。
この呼吸法には、気の流れを整え、血流やリンパの流れを良くしてくれる効果があります。

身体全身の筋肉をゆるめ、心ゆくまでリラックスすることが出来ます。

イスに座ったままでもできるので、
家事や仕事の合間に、一息入れたいとき、
おいしい飲み物とセットにしてもいいかもしませんね!

ヨガのポーズをとるときの基本的な呼吸法でもあるので、
この記事を読んでぜひマスターしいてください!

さあ、今回ご紹介する呼吸法は
「腹式呼吸」です。

腹式呼吸には、副交感神経とといって身体をリラックスさせるときに働く神経のスイッチをONにしてくれる働きがあります。

ストレスを感じる・・・。
気持を落ち着けて、肩の力を抜きたい・・・。

そんな時は、腹式呼吸をしてみましょう!

それでは、腹式呼吸のやり方を説明します。

①楽な姿勢を取ります。座っても、寝転がっても大丈夫です。

②鼻から大きく息を吸って、おなかを大きく膨らませます。
おへその奥の方にたくさん空気が溜まっていくのを感じてください。

③お腹をへこませながら、鼻から息を吐いていきます。
お腹の中が空っぽになるまで、息を吐き切るようにしましょう。

②、③を繰り返します。t
ヨガは基本、鼻呼吸で行います。

大きな腹式呼吸を行うためには、しっかりと息を吐き切ることがポイントです。

1分でも、目を閉じ腹式呼吸をすることが出来れば、
スッと気持ちが軽くなるのを感じられると思います。

特に、疲れやすい目や肩の筋肉が緩むので、
スカッと爽快な気分にリフレッシュすることが出来ます!

お腹を動かすことによって、
横隔膜というインナーマッスルのトレーニング効果もあります。

痩せやすいカラダづくりにもこうかてきなんです!

手軽でいいことづくめの腹式呼吸です!

今すぐ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました